ぱいんはうす岸英明の「世界はグーチョキ天パー」ブログ

「ぱいんはうす」というお笑い芸人コンビの岸英明です!悩める天然パーマ達の味方です!「世界はグーチョキパーで皆違うからあいこでしょ!」と、かつて武田鉄矢が歌っておりましたが、冷静に考えるとグーとチョキだったらグーの方が強く、そこには明確な強弱関係があります。皆違って皆良いけれども、弱きを助け強きを挫きたいという感覚の下、ふんわり日常の思ったことを書いていきます!!

ファミリーマートの恐怖~合宿免許WAO!!

僕はファミリーマートをよく利用する。ファミマに売っているプリマハム国産スモークササミを購入するためだ。

あれがコンビニのスモークササミの中で一番美味しいと思う。殆どのファミマで買えるのは本当にありがたい。

f:id:pinehouse_kishi:20161114203752j:plain

しかしその恩恵を受ける反面、僕はいつも恐怖に怯えながら入店している。

 

 

僕の恐怖の対象というのはファミリーマートの店内放送だ。

 

 

ファミマに入る度に何故かいつも耳にする、
「マンギョンボン号(?)を世界へお届け!でんぱ組incで~す!私たち実は合宿免許WAOで運転免許をとりました!!私も行きたかったなぁ。運転免許をとるなら合宿免許WAO!!」
みたいなやつが恐ろしすぎるのだ。

 

僕だって最初は何とも感じなかった。しかし何度も繰り返されるうちに脳がやられ、いまや聞けば発狂しそうになるレベルにまで達している。

 

でんぱ組incを詳しくは知らないが、少なくともマンギョンボン号を世界へお届けするグループでないことは流石にわかる。しかしそうとしか聞こえない。その歯痒さに加え、合宿免許WAOというワード・独特のテンポ・リズム・声のトーンそれら全てが絶妙に交錯し合い、店内にいる僕を自我の崩壊へと誘う。

 

――虎穴に入らずんば虎児を得ず
あの店内放送を聞かずして、プリマハムの国産スモークササミは買えない。葛藤はありながらも、勇気を振り絞り僕はファミリーマートに通い続けてきた。
しかし、その結果、幾度となく刷り込まれ続けた僕の脳はふとした時や夜寝る前にもあの放送を思い出してしまう。

 

マンギョンボン号を世界へお届け!!でんぱ組incでーす!!!私たち合宿免許WAOで運転免許とりました!!!合宿免許WAO!私も行きたかったなぁ!!合宿免許WAO!がっしゅくめんきょWAO!!!合宿免許WAO!!!閉店ガラガラ!!出た!WAO!!!私も行きたかったなぁ!!マンギョンボン号!!!合宿免許WAO!!!合宿免許WAO!!免許とるなら合宿免許WAO!!!!!!!!!

 


う、うわあああああぁぁぁあぁあ!!!!!!!!

 

 

 

狂いました。

 

 

 

おわり

ブタさんをバカにするなぁ!!!

この日本において、豚(ブタ)という言葉は何かと悪いイメージをもって使われることが多い。
人に向かってシンプルに「豚」と言った場合、それはどう考えても悪口として認識されるだろう。

 

例えば、「金髪ブタ野郎」、「メス豚」、「豚に真珠」、「飛ばねえ豚はただの豚だ」、「ブタ(役のない手札)」

など豚という言葉はやはり良くないイメージのもとに使われてしまう。

 

豚という言葉に対して皆が持つ一般的なイメージは、恐らく「デブ、ブサイク、不潔、無能」といった具合だろう。

しかしながら、それは豚という生き物の実態とは全くかけ離れたイメージである。

豚は実に優秀な動物であり、皆の認識は間違っていると言わざるを得ない。僕は豚という生き物に敬意を表し、これ以降はきちんと「さん」付けし、「ブタさん」と呼ばせてもらう事にする。

そして間違った認識をひとつひとつ正していきたい。

 

・デブ
ブタさんの体脂肪率をご存知だろうか。
家畜として飼われているブタさんでさえ体脂肪率は14~18%だという。
これは成人男性の平均的な体脂肪率15~20%並みだし、女性だったらトップモデルクラスだ。どう考えてもデブではない。

 

・ブサイク
本当にブタさんはブサイクなのか。確かにちょっとブサイクなブタさんもいるかもしれない。しかし、それは人間でも同じだと思う。というか顔の良し悪しなんてものは各々の価値観だ。基本的にはブタさんはかわいく、めちゃくちゃ愛くるしい顔をしていると僕は思う。特に映画「ベイブ」のあのブタさんはもう本当に可愛くてかわいくて一緒に寝たい。

 

・不潔
それは人間が劣悪な環境で飼育してるからだ。動物に不潔もくそもあるだろうか。そもそもブタさんはものすごくナイーブな動物らしく、不衛生な環境では病気になってしまうそうだ。ブタさんは本当は綺麗好きなのである。

 

・無能
ブタさんのどこが無能なのだろう。高級食材トリュフ探索の役に立ち、犬と同様に芸も覚えるというのだ。決して無能などではない。


以上からわかるように、ブタさんの悪いイメージというのは全くの事実無根であり、ただの虚像にすぎない。

f:id:pinehouse_kishi:20161103145103j:plain

 

むしろ、このブタさんに対する正しい認識が広まれば、自ずと「豚」という言葉は良い意味のもとに使われること請け合いだ。

 

「豚」という言葉は、「スマート、イケメン・美女、清潔、有能」など様々な良いイメージを含有する最上級の褒め言葉になるだろう。
イケメン俳優やマッチョや知識人や美女モデルなど何か秀でたものを持っている人々に対しても「豚」といった表現がやはり一番しっくりくるようになるし、今までマイナスの意味として使われてきた言葉は、全く別の意味合いを持つようになる。

 

先に上げた例について言えば、

 

金髪ブタ野郎 ⇒ スーパーサイヤ人

メス豚 ⇒ トップ美女モデル

豚に真珠 ⇒ 鬼に金棒

飛ばねえ豚はただの豚だ ⇒ 飛ばなくてもただの豚で十分だ

ブタ(役のない手札) ⇒ ロイヤルストレートフラッシュ

 

上記のような意味に変わってくるに違いない。

 

 

ところで、なぜ僕はこんなにもブタさんの肩を持つのだろう。
家族にブタさんがいたとか、ブタさんに命を救われたことがあるとかそういう経験は全くない。

 

自分でもわからない。

 

「過ちて改めざる是を過ちと謂う」という諺がある。

僕はブタさんの悪いイメージが実際と違うことを知ってしまった。
間違っていると分かっていて何故正さないのだろうか!!!それこそが本当の過ちではないだろうか!!!!ブタさんがこれ以上バカにされるのをただ黙って見ているわけにはいかない!!!

 

だから言いたいっ!!!

 

 

ブタさんをおおおお!!!!

 

バカにするなあぁぁあああ!!!!!

 

!!!!!!!

 

 

 

狂いました。

 

 

 


おわり

金スマの社交ダンス企画にまた出た(そして日本代表になった)

2016年10月7日(金)放送の「中居正広の金曜日のスマイルたちへ」(金スマ)の社交ダンス企画に、またまた出させて頂きました。

 

ロペスです。

またの名を岸英明と言います。本名です。

コンビ名は「ぱいんはうす」です。

f:id:pinehouse_kishi:20160720233736j:plain

 

金スマ見て下さった皆様、誠にありがとうございました!!!


今回は山本アナ・市來玲奈ちゃん組との対決ではなく、ラテンアメリカンというジャンルの方で試合に出てきました。

僕とキンタロー。さんが学生時代からやっていたのはこのラテンアメリカンの方でして、「サンバ・チャチャチャ・ルンバ・パソドブレ・ジャイブ」の5種目があります。

 

出場することになったのは、JDSF主催の北海道グランプリ。
そこで行われる、シニアⅠの世界選手権に向けたアマチュア日本代表選考会。

 

シニアⅠというのは、年度末に30歳と35歳以上の組み合わせのカップルが出られるセクションのことです。
僕とキンタロー。さんは奇遇にも今年度ちょうどその条件が満たされる歳で、かなりタイミングが良かったです!!!

 

短い期間での練習でしたので、先生に教えてもらいながら、二人の合う時間の中で集中して練習しましたが、5種目はきつすぎる!!!!

1分30秒×5種目はもうたまらなくハードです。練習ではぶっ倒れるかと思いましたし、きつすぎてうんこもれるかと思いました。


5種目もあるので、振り付けを覚えるのも一苦労で、シャドー練習を家の前の車道でやらないと間に合わないような感じでした(車道練)。

 

でもその甲斐あってか、なんとか優勝することができ、2017年のWDSF世界選手権にシニアⅠの日本代表として出られることになりました!!!!!わーい!!!

f:id:pinehouse_kishi:20161012010812j:plain

※写真提供 kaoring*worksさん

 

 

応援してくださった皆様、誠にありがとうございました!!!

山本アナも玲奈ちゃんも応援に北海道まで来てくださり本当にありがとうございました!!!

f:id:pinehouse_kishi:20161012011129j:plain

 

しかも、試合当日は北海道に住む筋トレ仲間も応援に来てくれ、上裸になる口実ができ、とても嬉しかったです。

f:id:pinehouse_kishi:20161012005031j:plain

 


ところで、色んな人から「なんでロペスと言われてるの?」と聞かれますが、あれは7月15日放送の金スマ内で、SMAPの中居さんが僕の顔を見て「DeNAのロペスに似てるね」とおっしゃって下さったのがきっかけです。

 

それ以降、金スマでは岸ではなくロペスと呼ばれるようになりました。

 

鼻や口のあたりが何となく似ているような似ていないような気がしますが、あの中居さんに直々に名付けてもらえたので最高に嬉しいです!!!

f:id:pinehouse_kishi:20161012011144j:plain

 

しかも、リアルロペス(ホセ・ロペス)は今年活躍しまくっているじゃないですか!!!!

横浜DeNAベイスターズは初のクライマックスシリーズ出場、ついには広島カープとファイナルステージで優勝をかけて勝負するというところまできてます!!!

 

す、すごい!!!!

 

優勝してほしい!!!!!

 

あと、一緒に写真とりたい!!!

 

DeNAのロペスさん!!!僕は一緒に写真をとりたいです!!!!

お願いします!!!

 

日本語読めないかもな・・・。

 

英語でも書きます。

 

Hello, Jose Lopez!!!!
My name is Hideaki Kishi also called Lopez.
If you'd like, may I have a picture taken with you?

 

よし。これで大丈夫だ。

 

 

おわり

 

「君の名は。」を見てきた

君の名は。

f:id:pinehouse_kishi:20160928220539j:plain

今、巷で話題のアニメ映画である。

 

僕はこの手の恋愛アニメ作品が苦手で、通常ならば決して見にいくことはない。しかしながら、かなりの勢いで流行っているため仕方なく見に行ってみた。無論、独りでだ。

それは面白そうだから見たいと言うより、批判をするため「見た」という実績がほしかっただけだ。

 

イケメンと美女の恋愛など共感できない。ありきたり。内容が薄い。全てがうまく行きすぎ。つまらない。生暖かくて気持ち悪い。ゲロ吐きそう。

 

などと、まだ見てもいない段階から批判意見を引っ提げ、こきおろし精神全開で「君の名は。」に挑んだ。

 

 

やはり、冒頭はイケメンと美女の爽やかな日常から始まる。この手の作品にはありがちだが、おじちゃんおばちゃん以外、登場人物全員イケメン美人ときた。

待ってましたとばかりに僕の脳内では、準備した批判項目リストにチェックが入っていく。

 

「あーはいはい、人格入れ替わるのね。よくあるよくある。順風満帆な学園生活だね、あーきもちわる」

 

物語はどんどん展開していく。

 

「ふーん。へぇ・・・」

 

「・・・・・」

 

途中から僕は無心で映画に見入っている自分に気が付いた。俯瞰して見ていたはずが、完全に物語に入り込んでいた。

 

瀧(主人公男)「俺泣いてるのか…?」

 

三葉(主人公女)「私泣いてる…?」

 

 

岸英明(俺)「俺も泣いてる…!?」

 


中盤を過ぎた辺りからもう涙が止まらなくなっていた。
何だ。これは。こ、こんなつもりでは。
ミイラ取りがミイラとはこの事か??!

 

迎合しないはずが!!!くそ!!くそ!!!!めっちゃいい作品!!!!!!!

 

もう批判とかイケメンとか美女とかどうでもいい!!!
俺は今猛烈に感動している!!!!それだけは否定できない!!!

 

瀧頑張れ!!!!!三葉走れ!!!!
よかったなぁ!!!一瞬でも会えて!!!!
三葉走れ!!助かれーーー!!!!
ま、まじかよ・・・二人とも思い出せ・・・
もう一度巡り会えてくれ・・・

 

終盤はもうボロボロ泣き散らかし、手を合わせ二人の再会を祈っている自分がいた。

 

2時間前の自分に会えるなら心底怒りたいと思った。見る前から決めつけるんじゃあねぇ!!!この物語。最高だぜ。

君の名は。」は本当に最高の作品だった。僕は100点満点中、95点をつけたい。

 

 

映画を見終わった後、ポップコーンのカスを身に纏った男は、放心状態のまま映画館を出た。

 

 

そして思った。

 

 


こ、恋がしたい。

 

 

おわり

天然パーマ論~若き天パ達に贈るメッセージ

世の中には大きく分けて、二種類の人間がいる。

 

 

 

直毛の人間と天然パーマの人間だ。

 

 


もっと言うと、天然パーマの人間はさらに二つに分けられる。

 

軽度の天然パーマと重度の天然パーマだ。

 

ここでは仮に、軽度の天然パーマを「クセ毛」、重度の天然パーマを「ガチ天パ」と呼ぶことにしよう。

 

f:id:pinehouse_kishi:20160921224549j:plain

 

前者の「クセ毛」は、柔らかい髪質だったり縮れ具合が弱く、整髪料などを用いてオシャレを演出したり、縮毛矯正やストレートパーマなども利用でき、直毛の人間とほぼ変わらない生活を送ることができる。

また、このタイプの人間は自分の髪の毛に対してほとんどコンプレックスを持っておらず、「俺クセっ毛なんだよね~」「湿度高いと髪がくねるんだよな~」などと、自ら頭髪の話題を切り出すことに躊躇がない。

 

後者の「ガチ天パ」は、髪質が硬かったり、縮れ具合が強すぎて、縮毛矯正などは全く効かず、ワックスなどでの整髪もほとんど意味を為さない。そのため髪型の自由度は全くなく短髪にするしかないし、高頻度で髪を切るため経済的にも不利だ。

頭髪にコンプレックスを感じているので、もちろん髪に関する話題を自ら切り出したりはしない。天然パーマを連想させるようなワードにも敏感で、ちりとり、エビチリ、アフロ、スチールウール、モンジャラ北島三郎、ちん毛、ボボボーボ・ボーボボなどの言葉が出た瞬間、内心かなりドキッとする。日々そういったワードに怯えて過ごすことを余儀なくされる。

 


全体的な人数の割合は、男子に関して言えば、

直毛・・・50%
クセ毛・・・45%
ガチ天パ・・・5%

くらいだろうか。感覚としては多分こんな感じだ。

 

いずれにしても、ガチ天パの人々は圧倒的マイノリティーであり、特に思春期の中高生時代には苦汁をなめさせられることとなる。

ボーズにするという逃げ道も確かにあるが、思春期の彼らにとっていきなり何のきっかけもなくボーズになるのには大変な勇気がいる。それ故、ボーズになるための正当性を求めて、ある者は野球部に入り、ある者は柔道部に入り、またある者はエミネムに憧れラッパーの道を歩むことになる。

 

そう。重度の天然パーマが思春期の中高生に与える影響は計り知れない。その後の人生すらも決定付けてしまう場合がある。

 

 

 

 

ところで、何を隠そう僕はガチ天パであり、頭髪に人生を振り回され続けた人間の一人である。

 

 

 

僕は自分と同じ苦境に立たされている若きガチ天パ達を救いたいと心から願っている。

だからひとつだけ勇気の出る事実を伝えたい。

 

 

 

 

 


サラサラヘアーの人間は大半がハゲる!!!!!!!

いまそこのトイレの鏡の前で髪をねじり上げているイケてる野郎は将来ハゲるんだ!!!!!!!

 

 

 

 

 


そして同窓会などで会ったとき、ハゲた彼に言ってあげよう。

 

「昔と全然変わらないね」

 

 

 

 

 

どうだろう少しは勇気を持てただろうか。

 

今はつらいかもしれないが、がんばれ。若かりしガチ天パ達よ。

 

中高六年、ハゲ一生。

 

だからそのチリチリヘアーに身を委ね、人生を強かに生きて行こうじゃないか。

 

 

 


P.S.
男は大人になると、髪でも顔でも何でもなく、金が全てです。

 

 

 

おわり

  

生ハイチュウを生み出したのは俺だ!!!!

「生ハイチュウ」という2014年にセブンイレブンで期間限定発売された商品があった。

 

f:id:pinehouse_kishi:20160817170359j:plain

 

この商品に関し、ぼくは今までずっと胸に閉まっていたことがある。

絶対に信じてもらえないだろうし、証拠もない上、怖くて誰にも言えなかった。

森永製菓という大企業を敵に回しかねないからだ。

日本の企業の中でも有数の大組織だ。

本気を出せば、僕のようなポンコツ野郎は一瞬で社会の闇に葬り去られてしまうだろう。

 

 

それでも勇気を出して言おう。

 

 

 

 


生ハイチュウを生み出したのは俺だ!!!!!!

 

 

 

 


生ハイチュウを作ったのは俺なんだ!!!!!!

 

 

 


2010年、僕も就職活動というものを他の学生と同様行っていた。それはそれは真剣にやっていた。
NHKでたまに見るサバンナのヌーの群れの如き、あの黒スーツの集団の中に身をおき、ESという不毛な書類を何枚も作成しつつ、会社から送られてくるメールに一喜一憂しながら、虚構の希望に目を輝かせていた。


僕は物理学を専攻しながら、何も関係のない森永製菓の開発職への就職を希望していた。志望動機は「なんか楽そう・鶴見勤務」以上だ。


必死にエントリーシートに嘘丸出しのきれいごとを書き、見事不合格となった。


それでも納得できない僕は、直接採用担当者に電話をした。
お菓子への熱さを語ることで、ワンチャンス不合格撤回を目論んだのだ。


実際、僕はお菓子好きとして、ひとつだけ心から伝えたいことがあった。


生キャラメル宜しく、生ハイチュウを作ってほしいという願望だ。

 

僕の考えた「生ハイチュウ」というものは、ハイチュウに生クリームや濃厚な果汁を加えた通常のハイチュウよりもグレードの高いハイチュウだ。酸味がありつつもクリーミーな味わいで、口の中でまろやかにとろけるのが特徴だ。


その僕の考えた生ハイチュウへの熱い思いを、開発でも何でもない採用担当に伝えるという暴挙ともとれる行動。


しかしなりふりなど構っていられない。
そのくらい当時の僕にとって、「なんか楽そう・鶴見勤務」というのは魅力的だったのだ。


頭がおかしいと思われてもいい。
僕は0.1%の不合格撤回に賭けた。

 

 

結果、僕は日に二度の敗北を喫することとなるが、最後の最後まで熱い思いを伝えた。

 

「私はここで終わりかもしれませんが、生ハイチュウのアイディア、ぜひ開発担当の方へお伝え頂けないでしょうか?」
「わかりました。伝えておきますね!ありがとうございます。」
「この熱い思いが伝われば私は本望です。お話を聞いてくださり誠にありがとうございました。失礼します。」

 

そう言って電話を切ると、僕はケータイを地面に叩きつけた。

 

 

 


その4年後、2014年のセブンイレブンで僕は「生ハイチュウ」の発売を知ることとなる。


僕はひとりお菓子コーナーで立ち尽くし、鼻息を荒立てていた。

僕が考案し、名付けた「生ハイチュウ」が今こうして商品として目の前にある。

あの電話が4年前。いくらなんでもあの電話よりも前から生ハイチュウの企画があったとは思えない。

あの時の僕のアイディアが発端に違いない。

 

この俺こそが発案者だ!!!

 

妄想は膨らんでいき、僕の脳内は「インセンティブ」という言葉に支配された。


要は金だ。


売り上げ次第では、発案者である僕は報奨金がもらえるかもしれない。

 

200万か。

 

100万か。

 

2万でもいいから欲しい。

 

最悪、ウイダーマッスルフィットプロテイン1年分でもいい。

 

 

ください。プロテインでいいからください。

 

 

プロテインを下さい!!!!!!!

 

 


おわり

 

ベストボディジャパン水戸大会3位入賞した

ベストボディジャパン水戸大会に出てきました!!!

どうせ筋トレはするわけで、今夏は本気で絞ろうと思っていましたし、いい機会なので出場してみました。

 

「ベストボディジャパン」というのは、一般社団法人ベストボディ・ジャパン協会が主催するコンテストです。

 

ベストボディジャパンの審査基準は、ホームページによると、

 

①健康美
男性の方、女性の方共に 健康的なかっこよさや美しさ、健康的な身体を競う健康美コンテストです

②全身引き締まった身体、バランスの取れたスタイル
男性の方は 全身引き締まった筋肉、引き締まったバランスの取れた身体 *女性の方は 引き締まったバランスの取れた身体に加えて、女性らしい美しさのあるスタイル

③ポージング
男性の方、女性の方共に ポージングそのものが上手く出来ているか、かっこよさや美しさをそれぞれ上手く表現できているか

④ウォーキングを含む身のこなし、見せ方
男性の方は ウォーキングレベルはもちろんのこと、姿勢の良さやスムーズな動き方 *女性の方は ウォーキングレベルはもちろんのこと、姿勢の良さやスムーズな動き方、ヒールの履きこなし

⑤知性、品格、誠実さ
男性の方、女性の方共に ステージ上、会場内での知性や品格のある態度、雰囲気

 

とのことです。

 

 


以上をまとめると、理想像は、

 

 

 

こういう感じです。

f:id:pinehouse_kishi:20160804012039j:plain

知性、品格、誠実さ、健康美、肉体、顔、髪型、姿勢、身のこなし、地位、名誉、人望、財産、何から何まで全てが揃っています。

 

確実に優勝です。

 

でも現実にはこういう完璧人間はおりませんので、大丈夫です。

 

と思っているとたまにいます。

 

そういう人を見ると、自分とのレベルの違いに愕然とし、動悸が激しくなりますが、落ち着いてください。

 

何かひとつくらいなら勝てることがあるかもしれません。

 

麻雀、カードゲーム、スマブラ、けん玉、ベーゴマ、じゃんけん・・・・

 

そして気付くのです。

 

こういうことを考えている時点で負けているんだと。

 

 

 

まあつまり、ベストボディというのは、品行方正な均整のとれたマッチョの大会だということです!!!ここで勝つことはマッチョにとって実に栄誉なわけなんです!!!

 


予選はサーフパンツで、決勝からは協会指定のボクサーパンツをはいての審査でした。

 

 

予選50名くらい⇒決勝15名⇒入賞5名 といった感じです。

 


ベストボディは身長や体重ではなく、年齢でクラスが分かれています。
僕が出たのは、フレッシャーズクラスという18~29歳までの人が出るクラスです。
僕は29歳なので、今年が最初で最後のフレッシャーズです。

 


初出場でしたし、なかなか緊張しましたが、己の肉体を強調するだけではなく、ウォーキング、姿勢、ポージングはもとより、自分の内にある「知性・品格・誠実さ」を出すことに集中しました。

 

 

千葉大学大学院で培った知性!!!

ち‐せい【知性】 物事を知り、考え、判断する能力。人間の、知的作用を営む能力。

f:id:pinehouse_kishi:20160804013415j:plain

 

 

 

 

社交ダンスで身につけた品格!!! 

ひん‐かく【品格】その人やその物に感じられる気高さや上品さ。品位。

f:id:pinehouse_kishi:20160804013433j:plain

 

 

 

 

おばあちゃん子ならではの誠実さ!!!

せい‐じつ【誠実】 私利私欲をまじえず、真心をもって人や物事に対すること。また、そのさま。

f:id:pinehouse_kishi:20160804013333j:plain

 

 

 

 

・・・・・・・・つ、伝わるのか・・・・

f:id:pinehouse_kishi:20160804014533j:plain

  

 

 

 

 

結果、まさかの3位になりました!!!!!

栄誉あるこのような賞をいただき感無量でした!!!

f:id:pinehouse_kishi:20160804013445j:plain

 

しかも3位以内だと、11月にグランドプリンスホテル新高輪の飛天の間で行われる日本大会への出場権も得られるらしいです!!

 

 

やったぁ!!!

 

 


おわり

セミに対して法的措置をとりたい

夏が来てしまった。

 

またヤツらがやってくる。

 

土の中から無尽蔵に現れ、宙を飛び交い、けたたましく鳴き叫び人々に恐怖心を植え付ける。

ヤツらが倒れ動かなくなっても絶対に近づいてはならない。死んでいるようでもそれはただの擬態に過ぎない。こちらの存在に気付いた瞬間、突然狂ったように暴れ出し、襲いかかってくる。

ヤツらは夏期に現れ、欲望に駆り立てられるがまま、全力で叫び・暴れ・狂い・散っていく。

生態は似ているが、“ヤツら”というのはフェスの狂気じみた若者達でも、クラブのパーリーピーポーのことでもない。

 

 

 

邪悪なる連中の名は・・・

 

 

 

 

「セミ」

 

 

 

f:id:pinehouse_kishi:20160722014401j:plain

 

 

 

 

閑さや岩にしみ入る蝉の声

――松尾芭蕉

 


この有名な句により、市民権を得てしまったセミ達は夏の風物詩としてもてはやされ、調子にのりまくっている。
何故ヤツらが害虫に認定されていないのか、僕には理解できない。
クマゼミ光ファイバーケーブルに卵を産み付けるために害虫認定らしいが、僕の言いたいことはそういうことではない。

 

 

セミが人に与える実害というのはズバリ3つだ。

  1. 騒音レベルにうるさい
  2. 見た目が気持ち悪い
  3. 死んでいると見せかけて生き返り突然襲いかかってくる

 

 

1.に関して、どのくらいの大きさなのかネットで調べたところ、セミの鳴き声は70~90デシベル程の音らしい。工事などで法的に騒音と認められるのが90デシベル以上というからその大きさはとてつもない。

いくらセミのセックスアピールとはいえやりすぎだ。高倉健みたいに寡黙でいぶし銀なセミはいないのか?

ちなみに、麻雀牌をかき混ぜる音が80デシベル
麻雀牌のかき混ぜは十数秒だからいいが、あんなのを延々聞かされてたら頭がおかしくなる。受験生などは勉強に集中できず、人生を棒に振ってしまうことになりかねない。

 

 

2.に関してはもはや説明するまでもないだろう。飛ぶし、そこそこでかいし、もうやばい、きもちわるい。いきなり肩にくっついてきたら失禁は免れない。

 

 

3.について、巷では俗に「セミファイナル」とか言うそうだ。歩道にセミが転がっていると、いつ動き出すのかびびってしまって通れない。あの害虫の王ゴキブリでさえ人が近付いたら逃げるし、クラブのチャラチャラしてる若者だってガチマッチョ外国人が来たら道をあけるのに、セミどもは生き返った直後にわめき散らしながらこちら側に向かって突っ込んでくる。
このセミファイナルをくらうのが体の弱い人だったら、驚いて心臓が止まってしまうかもしれない。そんなことになったら一大事だ。

 

 

つまり、人間にとってセミは『落第・失禁・心肺停止』の3大リスクがある、恐ろしく有害な生物なのだ。

 

 

もしここまで読んでも、「セミは全く悪くない」と言う人がいるのであれば想像してみてほしい。

 

 

あなたの隣の部屋にはクソ気持ち悪いおっさんが住んでいる。
隣のおっさんは何故か麻雀牌を朝から夜までずっとかき混ぜている。
あなたはさすがにうるさいと感じ、苦情を言おうとおっさんの部屋に行く。
様子がおかしい。麻雀牌をかき混ぜる音が突然しなくなり、中からドサッという音がした。
ドアのカギは開いていて、中を見るとおっさんが倒れている。
あなたが声を掛けようと近付いた瞬間、おっさんは突然暴れ狂い、叫びながら全力であなたに向かって突進してくる。

 

 

あなたは恐怖どころか死をも覚悟するだろう。

 

 

セミのやっていることは、このおっさんと全く同じだ。

セミ肯定派の方もさすがに納得いただけたと思う。

セミは紛れもなく人類にとって有害であり、命すらも脅かす危険な存在なのである。

 

 

そこで、僕は人類のためセミに対して法的措置をとるべく、知人の東大卒イケメン弁護士にLINEで相談することにした。

 

 

質問1「セミの騒音に対して法的措置はとれるのでしょうか。また、法的責任は誰にあるのでしょうか」

回答1「自然にいるセミには法的責任はない。よって、法的措置もとれない」

f:id:pinehouse_kishi:20160722011809p:plain

あれだけの事をしておきながら、法に抵触せず責任すら問われない。なんてやつらだ。
しかしもっともだ。やつらには知性というものがない。責任を追及しようと思う方が無理かもしれない。とすると、泣き寝入りなのか?いや何かあるはずだ。このまま奴らを野放しにはできない。

 

 

 

質問2「セミの騒音が大きくて困った場合はどこか通報するところはあるのでしょうか。また、セミに対して責任を負う者はいないのでしょうか」

回答2「東京都環境局に騒音について相談すれば、期待はできないが何かしらの対策を講じてもらえるかもしれない。法律で規制されている騒音は事業者が出すものに限られており、自然にいるセミには管理者もおらず、法的責任を負う者は誰もいない」

f:id:pinehouse_kishi:20160722015625p:plain

絶望した。セミに対して法律は何の効力もないということか。我々はただあの騒音に耐え、道に転がっているセミに怯えながら生きるしかないということなのか。
いや、まだ手はある。これはやりたくなかったが、強行手段に出るしかない。

 

 

 

質問3「個人で勝手に薬剤など用いて駆除を行った場合は法的に問題はないのでしょうか」

回答3「ない」

f:id:pinehouse_kishi:20160722015956p:plain

f:id:pinehouse_kishi:20160722021713p:plain

まじすか!!!!!!!
これは予想外だった。公園などにいるセミを個人が勝手に駆除しても法的には問題ないらしい。鳥などは鳥獣保護法で守られているが、基本的に虫は守られていないとのことだ。

 

 

そうとわかったら話は早い!!!駆除してやる!!!駆逐してやる!!

 

 

ぶちころしてやる・・・・あんな・・・やつら・・・・

・・・・・・

・・・・

・・・

 

 

俺は・・・

・・・

 

俺は一体何を言っているんだ・・・・。

 

あいつらだって同じ地球に住む生き物じゃないか。

セミだって悪気があってやってるわけじゃないんだ。

あいつらだって生きるために必死なんだ。

それを何だ。

昆虫よりも後に現れた人間がちょっと文明を手に入れたからって調子に乗り、自分達の邪魔だから殺すなんて・・・。

やってることはどこかの国の独裁者と同じじゃないか。

そんなの間違ってる。

人間にはそんな権利はない。

 

セミよ。

同じ地球上の生物としてうまくやっていこうじゃないか。

 

 

ただひとつだけ。

 

 

ひとつだけ聞いてくれ。

 

 

 

死んだふりだけはマジ勘弁して!!!

びびるから!!!!

 

 

 

 

おわり

 

金スマに出演した話(社交ダンス企画)

2016年7月15日オンエアーだった、

中居正広の金曜日のスマイルたちへ」(金スマ)の社交ダンス企画にて

キンタロー。さんの新パートナーとして登場させていただきました。

f:id:pinehouse_kishi:20160720235202j:plain

 

「ぱいんはうす」としても一瞬でしたが、紹介いただき感無量でした。

 f:id:pinehouse_kishi:20160720233736j:plain

 

 

 

 


ロペスです。

 

 

 


いや、岸英明と言うんです、本当は。

 

 


光栄なことに収録の中で、中居さんにロペスと命名していただき、まわりの人達からもロペスと言われるうちに、もしかすると僕は岸英明などではなく、本当にホセ・ロペスなのではないかと思い込みました。後日、DeNAの練習に当たり前のように参加しようとしたところ、「誰だお前は!!?」と球団関係者に怒鳴られ、ようやく自分が岸英明であることを思い出しました。

 

 

 

 

という夢を見ました。

 

 

 

 

社交ダンスというのは「ラテンアメリカン」と「スタンダード」という2ジャンルのダンスがあります。

僕は、今回踊ったスタンダードについては経験・知識ともに乏しく、燕尾服を着るのも始めてでしたし、試合に出るのももちろん初めてでクソほど緊張しました。

 

スタンダードの練習に入る前、
「ラテンに比べてスタンダードはなんかラクそうだし、体力とか余裕だろ(笑)」
などと思っていた僕がバカでした。

クソほど疲れます。だいぶヤバいです。特に三角筋がヤバいです。デルトィドマッスルがヤバいんです。

今回出た試合は2種目戦だったのでまだギリ大丈夫でしたが、これがワルツ・タンゴ・スロー・クイックの4種目戦だったら、失禁してしまうかもしれません。

 

下品な言葉ですみません。
でも、ああ見えて相当ハードなダンスであることは確かです。

 

 

 



 

山本アナ・市來玲奈ちゃん組との対決、1試合目は多摩での大会でしたが、正直最初に2人の踊りを見た瞬間、

f:id:pinehouse_kishi:20160720232658j:plain

というジョジョの名シーンが頭に浮かびました。

 

 

結果もその予感通り、タンゴ・スロー両方オール1位で僕達(キンタロー。・ロペスペア)に軍配が上がりました。

 

 

 

その約1ヶ月後の2試合目。
キンタロー。さんの舞台などが忙しく、あまり2人での練習ができないまま臨んだ北九州での大会。

練習がやや不足していたとはいえ、前の山本アナの踊りから考えると「まあ多分いけるかな」といった感覚はありました。

 

しかし1次予選、山本アナのワルツを見て焦りました。

「格段に動きがでかくなっているうぅ!!!!完成度も高い!!!こいつあぁやべええ!!!!・・い・・・いや、落ち着け・・・落ち着くんだ・・・」

僕は素数を数えて落ち着こうとしました。

f:id:pinehouse_kishi:20160720234351j:plain

 

 

 

しかし、その悪い予感は的中し、結果としてワルツで負けました・・・。

タンゴは多摩大会の時にまあまあ練習してたので何とか勝てました。

 

総合結果としては、ジャッジがつけた得点の内訳で、何とか僕達が優勝をとる事ができました!!

 

それはそれは大変嬉しかったです!!!

f:id:pinehouse_kishi:20160720233717j:plain

 

本当に危ない試合でした!!!

 

まさに僅差!!!!

 

かなりやばいと思っていたので、優勝が決定したときは安堵で本気で泣きそうになりました。

 

本当やばかった。

首の皮一枚つながりました。

 

 

 

 

まあそれはそうと・・・、

 

 

 

 

・・・これからが本題です。

 

 

 


ここからが僕にとって大事な部分です。

 

 

 

番組冒頭に出した、

 

 

僕の腹筋・・・

 

f:id:pinehouse_kishi:20160720235020j:plain

 

撮影時点ではこうでしたが、

 

 

 


今はこうなんです!!!!!!(2016年7月中旬)

f:id:pinehouse_kishi:20160720233417j:plain

 

あの時より遥かに絞れてます!!!!

f:id:pinehouse_kishi:20160720233901j:plain

 

夏に向けて絞ってるんです!!!

f:id:pinehouse_kishi:20160720233847j:plain

 

あの多摩大会のときから6キロ以上減量しました!!!!

f:id:pinehouse_kishi:20160720233800j:plain

 

それだけが言いたい!!!!

f:id:pinehouse_kishi:20160720233829j:plain

 

それだけ言わせて下さい!!!!

 

それを言いたいがためにこの記事を書きました!!!!

 

ナルシストか!!!

 

はい!!!そうです!!!!

 

以上!!!

 

【おまけ】

あの伝説のブロガー熊谷真士さんにも記事に取り上げてもらいました!!!

是非見てください!!!!

manato-kumagai.hatenablog.jp

 

俺達はデュエリストだ!!!~中学時代のヒエラルキーについて~

ただただ無意味に駆け回り、恥じらいもなくふざけ合い、無邪気に遊んでいた小学校時代を終えると、中学校という社会への登竜門が禍々しいまでの存在感をもって僕らの前に立ちはだかる。

 

上下関係は突如として厳しくなり、先輩の威圧感に怯え、同学年内においても当然のようにヒエラルキーが生まれる。


徐々に差が生まれていき、クラスのスタメン的存在である上位層とその下の当たり障りのない中間層、さらにその下にはスタメンと接することすら困難な底辺層が、誰に決められたわけでもなく確かに存在する。

f:id:pinehouse_kishi:20160709025048j:plain

 

同じ階層の人間でなければ会話をすることも稀で、普段何をやっているのかも噂レベルでしかしらない。隣の席なのに途方もない距離を感じる。隣のクラスなどまるで異国だ。

 

大声で笑ったり叫んだり存在を誇示していいのはスタメンの人間達だけだ。中間層や底辺層の人間が同じことをやれば、調子に乗っていると判断され、直ちに非難の対象になり得る。それぞれがその空気を肌で感じ、それ相応の過ごし方を余儀なくされる。

f:id:pinehouse_kishi:20160709030244j:plain

 

階層構造の境界線は曖昧ではあるが、上位層であるスタメンになるための条件は大体決まっている。まず運動神経に恵まれ、体育会系部活動の一線にいること。体育会系といっても概ねサッカー部、バスケ部、野球部、バレー部のいずれかの人間だ。次にイケメンで頭髪がおしゃれであること。あとは流行りの音楽の知識、ファッションブランドの知識があれば磐石だ。学力は毛ほどの効果しか発揮しない。仮にそれら全てが揃っている者が存在するとすれば、このヒエラルキーにおいてほとんど神としての立ち位置をものにすることができる。

 

以上のように一応の条件はあるが、こういったものは基本的に努力で身に付けられるものではない。運動神経や顔など生まれ持った素質がものを言う。中学校とは余りにも理不尽で、極めて不平等な場所なのだ。

 

 

 

しかし、そのような理不尽かつ不平等な世界の中においても、唯一対等な立場で、平等に実力を示せるものがこの世には存在する。

 

 

 

 

そう。

 

 

 

 

カードゲームだ。

 

 

 

 

ただの中学生に過ぎなかった僕らはカードを手にした瞬間から魔術師となり、モンスターや魔法を駆使しながら命を賭して戦う。その世界では上も下もない。ライフポイントを0にした者こそが真の勝者だ。

 

運動神経も、顔も髪型も、音楽やファッションの知識も、学力も一切関係ない。

 

大切なのはデッキの構成と戦術と運。


そして、熱い気持ちだ。

 

「俺のターン!ドロー!モンスターを召喚し、ターンエンド!」

 

そこでは教室では出せないようなテンションと共に大声を上げてもいい。それを咎める者はいない。理由は明確だ。各々が命を賭けて戦っているからだ。全力でぶつかり合い、お互いの存在を賭けて戦う。そこではアホもデブもゴミもカスも関係ない。平等な世界がそこにはある。

f:id:pinehouse_kishi:20160709031350j:plain

 

そして激闘が終わったあとには、何とも言えない熱い感情が生まれる。

命を賭したもの同士、友情すらをも越えた何かが確かにそこにあるのだ。

互いに互いを認め合い、称賛と尊敬の意をもって握手をし、それぞれの住む家に帰る。

 

そして、翌日また元の生活に戻る。それぞれの階層の中で何事もなかったかのように僕達は生き続ける。

 

しかし、もう以前の僕らではない。それは互いにわかっている。

 

違う世界にいても何があってもそれだけは無かったことにはできない。

 

 

俺たちは命を賭けて戦った。

 

 

それだけは確かだ。

 

 

そうだ。

 

 

 

そうなんだ。

 

 

 

 

俺達はデュエリストだ!!!

 

 

 

 

おわり