ぱいんはうす岸英明の「世界はグーチョキ天パー」ブログ

「ぱいんはうす」というお笑い芸人コンビの岸英明です!悩める天然パーマ達の味方です!「世界はグーチョキパーで皆違うからあいこでしょ!」と、かつて武田鉄矢が歌っておりましたが、冷静に考えるとグーとチョキだったらグーの方が強く、そこには明確な強弱関係があります。皆違って皆良いけれども、弱きを助け強きを挫きたいという感覚の下、ふんわり日常の思ったことを書いていきます!!

無知の恐怖~天下一品編

無知というのは本当に恐ろしい。

 f:id:pinehouse_kishi:20160208203259j:plain

2016年1月16日(土)

夜、歌舞伎町の天下一品にて一人で寂しく、こってりラーメンを食べていた時のこと。

 

酒を飲んでいたらしい若者4人組が入ってきた。

彼らは僕も座っているカウンターに案内され、注文を何にするか大声で話し始めた。

 

青年A「俺こってりにしよっと!」
青年B「おれもー!!」
青年C「おれあっさりー!」
青年D「じゃあオレこっさりにするわ!」

青年A「こっさりって!!ぎゃはははは!!!!」

 

・・・・・・・・・・ん?


・・・・何がおかしかった??


ラーメンをすすっていた僕はなぜ彼が突然馬鹿笑いし始めたのかわからなかった。
今、何が面白かったんだ?

 

どうやら、青年Aは天下一品初心者のようだった。

「こっさり」という注文が正規に存在するものだと知らないらしい。

 

まあ、青年Aは青年Dがボケたんだと思ったのだろう。

しかしアメトークの天下一品芸人などでも話されていたように「こっさり」はいまやそれなりに有名だ。

というか店によるのかもしれないけど、普通にメニューに載ってたりする・・・

 

そもそもボケで言っていたとしても、「こっさり」なんてボケは全くおもしろくないのだが、酔っているのか大爆笑していた。


店内にいる他の客達はドン引きだ。


周りの友人は青年Aが余りにウケているため、雰囲気的に「こっさりは本当にあるんだよ・・」とは言えない感じだった。


青年A「やべえ!!!こっさりって!!あるわけねえだろ!!!ほんとやばい!!!ひひひ・・・おもしろしぎる!!!」


大爆笑していた。


3~4分後・・・


青年A「こっさりって!!こっさりとか何なんだよ!腹筋割れる!!!ライザップより効果あるわ・・・!!今年一番笑ったわ!!!!」


まだ笑ってんのか!??てか、うるせーよ!!!早く注文しろよ!!!

それに今年はまだ始まって間もないだろ!
そんなに腹筋効果あるなら、ライザップに続く「こっさりエクササイズジム」でも開業しとけ!!ばかたれ!

 

 

などと思っていたが・・・・ふと気になった。

 


この青年Aが「こっさり」の存在を知った時、どんな表情を見せるのか。

店員さんに注文するときになれば当然知ることになるだろう。
「こっさり」が正式に存在することを。

そして後悔するのだ!!くそみたいなことで大声で笑って、周りに迷惑をかけてしまったことを!!!!

 


そしてついに店員さんが注文を取りにきた。

 


店員「ご注文お伺い致します!」
A「僕こってりで!」
B「こってりで!」
C「あっさりで!」
D「こっさりで・・」

A「いやいや・・こっさりて・・・(笑)」

店員「はい!こってり2つに、あっさり1つ、こっさり1つですね!!」

A「・・・!!?」

 

「こっさり」という注文は、当然店員さんに受け入れられた。

青年Aがボケだと思っていたこっさりが普通に受け入れられたのだ。

 

 

彼は動揺し、寝ぼけたおばあちゃんみたいな顔になっていた。

 

 

僕は心の中で猛烈にガッツポーズした。
おらああああああ!!!!!恥を知れクソやろうがあああああああ!!!!!

 

 

彼は急に静かになると、水を飲み始めた。


微笑を浮かべながら、焦点の定まらない遠い目になっていた。

あんなにしょうもない事で、店内に響く程の大声で騒いで笑っていたのだ。

とてつもなく恥ずかしかったのだろう。

 


彼は黙って水を飲んでいたが、しばらくしてその重い口を開けた。

 


A「こっさりって普通にあるんだな・・・」

 

 

・・・声ちっさ!!!!!

 

 

おわり