ぱいんはうす岸英明の「世界はグーチョキ天パー」ブログ

「ぱいんはうす」というお笑い芸人コンビの岸英明です!悩める天然パーマ達の味方です!「世界はグーチョキパーで皆違うからあいこでしょ!」と、かつて武田鉄矢が歌っておりましたが、冷静に考えるとグーとチョキだったらグーの方が強く、そこには明確な強弱関係があります。皆違って皆良いけれども、弱きを助け強きを挫きたいという感覚の下、ふんわり日常の思ったことを書いていきます!!

「あさくら画廊」潜入レポート

ある日、インターネットで何気なく東京のおもしろスポットを探していたら、東京別視点さん(東京別視点ガイド : なんでもない住宅街にある異様な一軒家!竹ノ塚の「あさくら画廊」は内も外もすべてピンクで埋め尽くされていた!)のページで「あさくら画廊」という画廊に関する記事を見つけた。

 

ごく普通の住宅地の中に異彩を放つピンク色の一軒家があり、そこが画廊になっているのだという。

 

写真や記事で見た限りでも、この画廊の異色度具合に恐怖すら覚えた。人は理解できないものに畏怖すると言うが、まさにその通り。

 

好奇心に駆られた僕は後輩を連れ、その週末あさくら画廊のある竹ノ塚へと向かった。

駅からは結構歩く。だいぶ遠い。20分くらい?

 

確かにあった。

f:id:pinehouse_kishi:20170702020451j:plain

 

入るのに勇気の要る雰囲気だ。人がここに本当にいるのか。怖い。

 

人のいる気配はない。

 

 

 

 

 

 

いや、いた。

f:id:pinehouse_kishi:20170702020543j:plain

あさくら画廊オーナーの辻修平さんだ。

独特の雰囲気を醸し出してはいるが、話しやすく穏やかな人で安心した。

 


注目ポイント①:全てが売りもの
この画廊内にある全てが売りものだという。値段のつけ方はかなり適当な感じだが、全て買おうと思えば買えるようだ。
しかし、どう考えても画廊内から搬出できそうもないものがたくさんある。その場合はその物の所有権を買い、商品自体はここに置いておくことになるみたいだ。ディズニーランドのアトラクションにスポンサーがついているようなイメージになるのだろうか。

f:id:pinehouse_kishi:20170702020716j:plain

 


注目ポイント②:手動のコーヒーカップで遊べる
大量の「ころす」という文字をあしらったコーヒーカップがあり試乗できる。しかも辻さんが直々に回してくれる。見たところ新手の拷問器具かと思ったが遊具のようだ。

f:id:pinehouse_kishi:20170702020953j:plain

 


注目ポイント③:一人1000円で似顔絵を描いてもらえる
辻さんに一人1000円で似顔絵を描いてもらえる。かなり格安でおすすめだ。さすが芸術家。

f:id:pinehouse_kishi:20170702021414j:plain

 


注目ポイント④:辻さんは意外とお茶目
辻さんは一見気難しそうではあるが、実は物凄くお茶目だ。非常に淡々とボケてきて、つっこむと笑ってくれる。そう。つっこみ待ちなのだ。

f:id:pinehouse_kishi:20170702021514j:plain

 


注目ポイント⑤:辻さんには霊感がある
この家に引っ越して来た当初、大量の女の人の幽霊が出たらしい。そういった怖い話を普通のテンションで語ってくれる。稲川淳二さんのようにあからさまに怖がらせてきたりはしない。それがまた怖い。


注目ポイント⑥:二階からの滑り台がある
あさくら画廊の二階から降りる滑り台があり、予想外に相当なスピードが出る。要注意だ。ちなみにこの滑り台、辻さん自体はめったに使わないらしい。

f:id:pinehouse_kishi:20170702021616j:plain

 


注目ポイント⑦:アトリエにブランコがある
二階のアトリエに行くと何故かブランコがある。それ以上でもそれ以下でもない。ただシンプルにブランコがある。念のため乗っておこう。

f:id:pinehouse_kishi:20170702021754j:plain

 


注目ポイント⑧:屋根上に休憩スペースがある
屋根上に登れるはしごがあり、そこにはテラスのような休憩スペースがある。ここでビールでも飲んだら最高だろう。しかし、辻さんはお酒を一滴も飲めないらしい。

f:id:pinehouse_kishi:20170702021843j:plain

 


注目ポイント⑨:二階から降りる縄梯子がある
もうこれに関しては絶対に降りない方がいい。こわいし、降りづらい。階段、滑り台、縄梯子。なぜ3つも一階に降りる手段があるのか。これが芸術なのだろうか。

f:id:pinehouse_kishi:20170702021934j:plain

 

 

注目ポイント⑩:トイレがもうなんかすごい
もうすごいっす。

f:id:pinehouse_kishi:20170702022031j:plain

 

 

注目ポイント⑪:風呂場が狂気に満ちている
もうやばいっす。

f:id:pinehouse_kishi:20170702022100j:plain

 

 

ここまで、「あさくら画廊」について色々とその見どころをお伝えしようとしてきたが、文字や写真などでは到底伝えられない。これは僕の力不足かもしれない。しかしあの魅力を伝えるには文字や写真では無理だ。画廊というよりもテーマパークなのだ。


もっとあさくら画廊を知りたいという方、辻修平さんを知りたいという方は下の動画を見てほしい。細かい中の様子や人柄などわかってもらえるはずだ。

www.youtube.com

 

www.youtube.com

 

ちなみに、あさくら画廊ホームページはこれ。

http://asakura11garo.web.fc2.com/

 


おわり