ぱいんはうす岸英明の「世界はグーチョキ天パー」ブログ

「ぱいんはうす」というお笑い芸人コンビの岸英明です!悩める天然パーマ達の味方です!「世界はグーチョキパーで皆違うからあいこでしょ!」と、かつて武田鉄矢が歌っておりましたが、冷静に考えるとグーとチョキだったらグーの方が強く、そこには明確な強弱関係があります。皆違って皆良いけれども、弱きを助け強きを挫きたいという感覚の下、ふんわり日常の思ったことを書いていきます!!

バレンタインデーが誕生日(非イケメンの場合)

僕の誕生日は、毎年変わらず2月14日だ。

1年に1回必ずやってくる。誕生日とはそういうものだ。

 

そう。2月14日と言えば、世間が本命チョコだの義理チョコだの騒ぐ例のあの日。

 

バレンタインデー。

 

その歴史はローマ帝国の時代にまで遡る・・・らしい。
当時の皇帝クラウディウス二世とかいう人が、兵士の士気が下がるとの理由から結婚を禁止したらしい。そこでキリスト教司祭のウァレンティヌス(バレンタイン)は、その状況を不憫に思ってか、秘密裏に若者達を結婚させていたとのこと。でもそれが皇帝にばれて、色々あって処刑されてしまったらしい。その日が、西暦269年2月14日だったということだ。

(もともとローマでは、2月14日は結婚の女神ユノの祝日だったらしい)

 


それが1718年の時を経て、1987年2月14日、この僕の誕生日となったわけであるが・・・。

 

確かに覚えてもらいやすい誕生日ではある。
他人にもちょっとしたネタとして話しやすい。

 

しかし・・・・・

 

 

なんでチョコをあげる文化なんてつくりやがったんだあああああ!!!!!!
あ???どこのどいつの陰謀だ!!!??
森永か??明治か???NASAか???

 


とにかく、そういうのは彼氏彼女の間だけでひっそりやってりゃいいんだよ!!!!

 


考えてもみてほしい。
「バレンタインデー+誕生日」という二重の口実・きっかけがあるのにも関わらず、チョコレートをもらえない場合の悲惨さを。


これはもう明らかにマイナスだ。


普通の人の場合、チョコをもらえなくてもプラスもマイナスもない。ゼロだ。


でも僕の場合は、普通の人に比べて「+誕生日」というかなり有利な状況にいるのだ。何かしらもらえてようやくゼロなのだ。チロルチョコでも五円チョコでも何でもいい。

 

それにもかかわらず何ももらえなかった場合、これは明らかなマイナスだ。損害だ。
日本酒、ボディブロー、「バレンタイン誕生日なのに何ももらえない」は後からじわじわ効いてくる。

 

そんな時、「イケメン・サッカー部・クラスの人気者・秀才」を全て兼ね備える奴との距離感が、より絶望的に明確に感じられる。
本当に俺は地球上にいるのか??何光年あるんだ??何だこの距離の遠さは??!同じ人間なのか???!!

 

バレンタインデーとは、特に中学・高校においてクラス内の上下関係・優劣を明確にするために存在しているのだ。そうとしか思えない。

 

これはもう完全にFBIの陰謀だ。

 


そこで、僕が政治家になった際の公約を考えた。

  • バレンタインデーのチョコレート文化の撲滅。「チョコをもたず、つくらず、もちこませず」3原則の制定。
  • イケメンは将棋部か新聞部に強制転部、または男子校に強制転校。

さあ、集まれ!!!バレンタイン誕生日の“非イケメン”の有権者たちよ!!!
新党を結成し、日本を明るい未来へと導こうではではないか!!!
さあ今こそ立ち上がる時だ!!!!どっせぇえぇええい!!!!!

 

ホワイトデー返すのめんどくさい・・・

 

 

 f:id:pinehouse_kishi:20160214152703j:plain

 ※このイラストには何の意味もありません。