ぱいんはうす岸英明の「世界はグーチョキ天パー」ブログ

ぱいんはうすの岸英明です!悩める天然パーマ達の味方です!世界はグーチョキパーで皆違うからあいこでしょ?ふんわり日常の思ったことを書いていきます。

男達の夢の舞台「SASUKE」

身体を鍛えし者であれば誰しもが出場したいと願う、夢の舞台「SASUKE」。

 

僕も例に違わずそのうちの一人だった。

 

社会人になってから筋トレを開始した僕は、その儚き夢を追い予選を何度か今まで受けてきたが、本戦に出場することは夢のまた夢。あまりにも遠い道のりのように感じていた。

 

が、今年2018年TBS金スマ社交ダンス企画に出演していることもあり、念願のSASUKE本戦に出場することができたのである。

 

その感動はもう、僕の語彙力では表現しきれない。

 

うおおおおおおおおおおおんん!!!!!!!!!!!!!!

 

富士のSASUKE常連・岸本さんの作ったSASUKEパークで修業させてもらい、トランポリンやそり立つ壁への対策は万全かと思われた。(その様子は週刊プレイボーイさんで特集していただきました!!)

f:id:pinehouse_kishi:20180415015620j:plain

 

 

いざ本番。

 

 

元々かつての予選で知り合った、3rdステージ常連のパルクール指導員・佐藤君に当日様々な教えを請い、セコンドとして併走してもらった結果、ローリングヒル、難関のタイファイターやフィッシュボーンまでをもクリアでき、続いて新ステージ・ドラゴンスライダー。

 

 

一瞬冷静になり、練習を思い出しトランポリンを踏み込む。

 


ふん!!!!!

 


いや、練習で使ってたトランポリンと沈み方が全然違うYO!!!

 

 

そのまま水に飛び込むロペス31歳。その着水までの姿勢は自分でも感動するほどの美しさだった。

 

結果としては1stステージ敗退だったけれど、その中でもいいところまで楽しむことができ良かった。悔しかったけど、楽しかった。

 

応援に来てくれた友人2人にも感謝。

 

f:id:pinehouse_kishi:20180415015604j:plain

 

全然関係ないけど、ここ最近、無性に肉体のことを熱く書きたくなり、突如このようなものを始めてみました。すんごくラフに書きたいです。読んでフォローとかいいね的なやつとかしてくれると助かります!!!

note.mu

 

 

 

おわり

 

スマホによる人類の退化~おふくろ、もう一杯

スマートフォンが普及している昨今、僕たちは知らないことがあればすぐにググってしまいがちだ。僕も例に違わずそのうちの一人である。
 
 
先日、テレビを見ていたら武田鉄矢さんの何とも味わい深いナレーションで送る「おふくろ、もう一杯」がやっていた。
かなり昔からやっているから知っている人も多いと思う。
内容としては、全国の汁もの系料理を紹介するというものなのだが、現在減量中の僕としては地獄のような番組である。しかし、あまりに美味そうなこだわり料理についつい見入ってしまう。
 
 
僕はその番組を見ている最中、ふと思った。
「おふくろ」とは一体どうゆう由来の言葉なのだろうか。
母親を意味する言葉であることはもちろんわかるが、何から来ている言葉なのか疑問に思った。
 
ルーティンワークのようにスマホを取り出し、ブラウザを開き検索しようとしたその時だ。「本当に調べてしまっていいのか?」何者かが僕に囁いた。
 
「わからないことがあれば考える努力もせずすぐに調べてしまう。それは単なる思考の停止じゃないのか?」
 
そう問いかけていたのは他ならない僕だった。
確かに現代に生きる僕たちは一見してわからないことに対し、考えもせずにすぐにその答えを求めてしまう傾向にある。これは脳の衰退、想像力の低下、ひいては人間という生物の退化につながる由々しき事態なのかもしれない。
 
 
僕はそっとスマホをしまい、「おふくろ」の由来について思考を巡らせた。
 
最初にまず考えたことは、ひらがな表記のこの「おふくろ」は、漢字にして「お袋」で良いのか。もちろん正解は分からないので、可能性の高そうな「お袋」であるという方向で話を進めよう。
 
【仮説1:おふくろとは有袋類から由来している】
単純に袋をもつ生き物であると考えた時に咄嗟に浮かんだのは「有袋類」のことである。有袋類とは、カンガルーやコアラ、カモノハシなどオーストラリアにしか生息しない一部の動物のことである。彼らは母親がもつ袋で子供をある時期まで育てる。このことから母親のことを「お袋」と呼ぶようになったのではないか。
 
【仮説2:買い物袋をもつのが母親だから】
八百屋や魚屋などに行って買い物をし、その商品を入れた「袋」をもつという母親のイメージから来ているのではないか。
 
【仮説3:子宮をもつ生き物だから】
もつ焼きやホルモン屋などに行くと、豚の子宮のことをコブクロという。女性の持つ子宮、これを袋と呼び、母親のことを「お袋」と呼ぶようになったのではないか。
 
ざっと考えを巡らし、以上の仮説を僕は立ち上げた。
ここまで来てやっとスマホの出番だ。考えられるだけのことは考えた。
さあ、正解を確かめようじゃないか。
 
 
 
え???
諸々諸説あるようだけど仮説3がほぼ当たってるじゃあないか!!!
おらああああああああああ!!!!!!!
 
普通に調べるより全然うれしい!!!何かうれしいぞこれは!!!
 
 
文明の利器によって便利になりすぎた昨今、人間の想像力は急速に低下していっているのかもしれない。
知能だけなら僕ら人間はもはや、AIを搭載したコンピューターに負けてしまう時代だ。文明が進めばターミネーターの世界が現実となる可能性も否めない。進化したSiriやPepper君に世界が支配されてしまうのだ。
 
 
人類よ、今こそ立ち上がれ。
安易にスマホに頼らず、自分の頭で考えようじゃないか。
人間にはその力がある!!!想像力こそが人間力なのだ!!!
敢えてもう一度言おう!
人類よ、自らの頭で考え、立ち上がれ!!!
 
 
 
 
実際やってみて面倒くさかったので、僕はすぐにスマホで調べることにします。
 
 
 
 
おわり

ドッキング体操というダンスエクササイズを作ってみた!!!

ドッキング体操。

 

体の色々な部分をくっつけていくという、あまりにも単純な発想をもとに作り上げた謎のダンスエクササイズである。

 

老若男女誰にでもできる体操を考えあぐねた結果、全く老人には適さない激しいエクササイズが出来上がった。狂気すら感じる終盤のたたみ掛け。やってる本人ですら誰がこんな動作をできるのかと不安になる。

www.youtube.com

 

ぶっちゃけ、てくび・ちくびというフレーズを使いたくてしょうがなかった。それだけだと言ってもいい。下品と言われようともやりたかったのだ。

 

仲良くしている同じ競技ダンス部出身の先輩・まんぞーさんという人が曲を作ることができ、協力してくださったことも大きなきっかけだった。

 

結果的に彼とも踊ることになり、複数人で踊ることでよりドッキング体操の良さが際立つことを確かめることもできた。

www.youtube.com

 

さらには、Yahoo!Japanさんの運営しているネタりかというメディアでこのドッキング体操を取り上げてくださり、これからじわじわと流行していってほしいと願わんばかりである。

netallica.yahoo.co.jp

 

これからも新たな楽曲を作り振付けをし、楽しいダンスを踊りたい。

またドッキング体操の英語版にも挑戦してみたい。

 

このドッキング体操、皆で踊って流行らせませんか?

 

f:id:pinehouse_kishi:20180206012344j:plain

 

おわり

背もたれの3番目に人のマーク

寝言。


それはその人間の心理や思想、それらが無意識のうちに顕になる瞬間だと言ってもいい。



大学生時代、今でもはっきりと覚えている程、印象深かった寝言がある。


その日、翌朝にテストを控えていた同じ学科の僕と北脇は理学部棟に忍び込み、夜な夜な勉強を始めた。


勉強と言っても、物理学科の「底辺」と呼ばれるグループに属していた僕らは、トップ層の連中から集めたノートのコピーと過去問の模範解答を広げ、その教授の出しそうな問題を傾向と対策を元に、ひたすら覚え込むという作業。所謂、一夜漬けである。


とにかく細かい事は考えず、僕らは鬼の形相でテストのための勉強をした。半期の遅れをたった一晩で巻き返すには、目や鼻から血が噴き出す程の常軌を逸した集中力を必要とする。


このφは何なのか。このψとは何か、いやそもそも何と読むのか。何故-∞~∞で積分しているのか。てか全体的に何なのコレ。
もはやそんなことを気にしている場合ではない。こう来たらこう書く。機械的にそのパターンを身体に染み込ませていく。



そのうち北脇が力尽きて寝てしまった。仕方あるまい、それほどその日の一夜漬けはレベルが高く過酷を極めた。



深夜3時に差し掛かった頃だろうか。



机に突っ伏していた北脇が突然ムクッと起き、寝言を発し、再び眠りについた。
焦点も定まらず、脱力しきった表情で彼は確かに言った。

「背もたれの3番目に人のマーク」






背もたれの3番目に人のマーク???




僕はただただ恐怖に震えた。深夜の大学の教室にたった二人。そしてこの意味不明な寝言。脅えない人間が一人としているだろうか。


背もたれの3番目に人のマーク。


疑問だけを残し、北脇はまた机に突っ伏している。


教室内の椅子の背もたれを探してみても人のマークらしいものは見つからない。というか人のマークとは一体何なんだ。いや、そもそも背もたれの3番目という概念からして理解できない。


背もたれの3番目に人のマーク。


よく分からないが、僕はひとまずノートの片隅にメモした。


もしかすると、これは学問の神様が北脇の肉体を通じ僕に与えてくれた何かのメッセージかもしれないのだ。



その寝言を聞いて以降、「背もたれの3番目に人のマーク」という謎のメッセージにより、テスト勉強への集中力は一気に途切れた。このメッセージの意味を考えれば考えるほど思考の迷宮に入り込み、僕は危うく発狂しかけた。



結局、僕は朝のテストの時間まで一睡もせず、目を血走らせながら考え続けていた。
「背もたれの3番目に人のマーク」とは何か。


目覚めた北脇にその寝言について尋ねても、意味不明だと言うばかり。


結局、この件は完全に迷宮入りし、僕はテストに失敗した。



おわり

f:id:pinehouse_kishi:20171130122217j:plain

金スマ社交ダンス世界選手権7位でした!!!

金スマ社交ダンス・WDSFシニアⅠ世界選手権編

ご視聴して下さった皆様ありがとうございました!!!

 

結果は金スマでご覧頂きました通り、準決勝進出・第7位でした!!!あと1点でファイナルという実に惜しい結果でありました!!!6位のミッコと1点差・・・。ミッコ・・・。ミツコ・・・。美津子ーーーー!!!!!

 

しかし7位というのは、このWDSFシニアⅠ世界選手権のアジア歴代最高位ということで非常に良い結果でもありました!!それに何より自分達としても過去最高の踊りができたので、悔しいという気持ちも確かにありましたが、嬉しかったです!!

 

中居さん、大竹さんをはじめ金スマメンバー、僕たちお互いの家族の応援が本当に力になりました!!!

 

 

f:id:pinehouse_kishi:20171105125112j:plain

セミファイナルの結果表。

 

 

 

 

 f:id:pinehouse_kishi:20171105130408j:plain

ベックさんタオル本当にありがとうございました!!!最初描いてあるのオバマ大統領かと思いました笑

 

 

 

 

 f:id:pinehouse_kishi:20171105131832j:plain

マイアミで勇気をくれたひいおばあちゃん「おはまさん」と若かりし頃の僕の写真。

おはまさんについてはこちら笑↓↓↓

ひいおばあちゃんの話~藤枝市最強の入れ歯 - ぱいんはうす岸英明の「世界はグーチョキ天パー」ブログ

 

 

 

 

 

f:id:pinehouse_kishi:20171105132339j:plain 

ロペス覚醒前。英美先生が音楽を聞かせてくれています。その様子は幽遊白書の幻海師範の霊光玉継承さながら。この後、僕はチャラ男と化し、フロアで調子ぶっこきます。

 

 

 

 

 

f:id:pinehouse_kishi:20171105131645j:plain

キンタロー。さんの顔面の迫力がすごい!!!サムサカムサ。

 

 

 

 

 

 f:id:pinehouse_kishi:20171105231337j:plain

英美先生と。いい感じ。

 

 

 

 

 

 f:id:pinehouse_kishi:20171105231712j:plain

ホテルのテレビでYouTubeが見れたので、部屋にいる時はほとんどずっと「釣りよかでしょう。」を見ていました。安心感が半端じゃない。最高。

 

 

 

 

 

 f:id:pinehouse_kishi:20171105232202j:plain

エネルギー源・僕の大好きなお菓子「クリスピートリーツ」。食べると力がみなぎります。アメリカにいる間に何十個食べただろう。

 

 

 

 

 

 f:id:pinehouse_kishi:20171105232557j:plain

ラテン界の帝王、治面地コーチと。治面地コーチは毎週、仕事終わりに遠方から練習場に来てくれ、僕に基礎動作をみっちり教えて下さいました。その結果、治面地エンジンが僕の身体に搭載されることになりました。本当にありがとうございます!!!

 

 

 

 

 

 f:id:pinehouse_kishi:20171105233210j:plain

山本アナと清音ちゃんと。応援ありがとうございました!!!

 

 

 

 

 

 f:id:pinehouse_kishi:20171105233745j:plain

ホテル横の銀行(?)の窓口のおばちゃんと。昔、大阪でモデルをやっていたらしく、日本語ペラペラでした。空港で換金しておらず、銀行をたらい回しにされ困っていたバカな僕に、電車での換金所への行き方を丁寧に教えてくれ、雑談にも付き合ってくれたスーパー親切な方。おかげでマイアミで生きられました。ダンスの結果も報告したらとても喜んでくれました。

 

 

 

 

 

最後に、こうして良い結果が出せたのは、増田先生・塚田先生、治面地コーチ、英美先生、金スマスタッフの皆さん、連盟の皆さんなど、応援・サポートして下さった様々な人たちのおかげです。本当に本当にありがとうございました!!!

 

 

 

 

おわり

 

 

金スマ社交ダンス世界選手権放送!!!(2017.11.3)

いよいよ本日の金スマ2時間スペシャルにて、WDSFシニアⅠ世界選手権の模様が放送されます!!!時間は20:00~22:00です!!夜8時からです!!お間違えないよう!

 

僕たちキンタロー。さん&ロペスペア、この日のために1年間鍛練を積んできました。まさに集大成とも言うべき今回の放送をぜひ見ていただきたいです。

 

この1年間、長いようで短かったですが、やれるだけのことをやって挑みました。お互いにうまくいかず辛いこともありました。プレッシャーに押し潰されそうになることもありました。それでも、この世界選手権のためダンスの練習をしてきました。

 

増田先生・塚田先生、治面地コーチ、英美先生、連盟の方々、金スマのスタッフの方々、その他にも本当に様々な人達にサポートをしていただきました。感謝しても感謝しきれません。

 

泣いても笑っても、この世界選手権、ここでのダンスがこの1年の全てです。

 

見てください。

 

僕たちのダンス、見てくださった方々に何かが伝われば本望です。

 

もちろん全ての選手がこの日に向けてそれぞれの苦労や苦悩を重ねて出場しています。決して僕らが特別なわけではありません。全ての選手達にドラマがあってここまで来ています。

 

とにかく見てください。

 

僕たちの1年間の集大成、僕たち史上最高のダンスをお見せできるかと思います。

 

宜しくお願い致します。

 

f:id:pinehouse_kishi:20171103010628j:plain

 

街に吐かれたゲロ

休日の爽やかな朝。窓を開ければ、青々とした空に程よく雲が散らばり心地好い風が吹く。心は澄み渡り希望に満ち溢れ、未だ見ぬ美しい景観に思いを馳せる。具体的な計画も立てず、どこかへぶらり出かけてみようか等と考えながら駅へと向かう。


しかし、そんな人の高揚した気分など露知らず、駅周辺には必ずと言っていいほどそれはある。禍々しくも圧倒的な存在感を放ち、孤高を持して佇んでいる。言葉にする事すら憚られるが、一般的な名称として吐瀉物やゲロなどと呼ばれるそれは、見る者を問答無用で不快にする。それが彼らの本分であり、ある種の生業でもあるし、疑いようもない事実だ。先程までの爽快な気分は一気に台無しになり、怒りすらが込み上げてくる。時にそれを鳩がつついている場面などに出くわすと最悪だ。ここは地獄なのではないかと錯覚してしまう。

 

そんな時、僕の怒りはそのままフリースタイルバトル形式でゲロに向けられる。

 

Yo,お前にマジで文句言いたい!
爽やかな朝を汚すその姿!
公衆の面前で異臭を放ち!
周りを不快にするそのかたち!
ゴキブリ以下の嫌われ者!
それでも強く生きるお前をリスペクト!!!

 

え??

リスペクト???

 

怒りをぶつけるはずだったゲロをリスペクトしている自分が何故かいる。

そう。ゲロは悪くない。むしろ可哀想な立場だ。勝手に道にぶちまけられ放置され、道行く人々の憎悪に晒されても強く生きている。どう考えても悪いのは吐いた人間だ。もしくは吐くまで飲ませた人間が悪い。少なくともゲロに罪はない。

 

居酒屋で一気飲みを繰り返す大学生。合コンで頑張りすぎた若者。若手社員に飲ませる上司。久々の再会でハメを外す人達。それぞれの思いを胸に全力で今を楽しもうとしている姿は実に素晴らしい。

 

え??

素晴らしい???

 

何を言っているんだ俺は。

 

さっきまでの怒りは何処へ行ったんだ。

 

負の感情はいつの間にか消え、再び清々しい気分を取り戻している自分に気付く。自分でも動揺している。ゲロを目の当たりにしても尚、最高の笑顔で最高の一時を過ごした人々に思いを馳せている。

 

もしかしたら、このゲロというものはそうした人々が噛みしめた幸せの結晶なのかもしれない。

 

見た目じゃないんだ。

 

どんなものにでも意味がある。

 

「見えるけど見えないもの」

 

遊戯王で言っていたあの謎の発言に1つの答えが出たような気がした。

f:id:pinehouse_kishi:20170830021954j:plain

おわり

究極のファッションとは何か

究極のファッションとは何か───。

 

世界中のファッションリーダー達が、今尚その答えに辿り着けずにいる永遠のテーマである。

 

この僕もファッションリーダーなどと呼ばれて久しい。究極のファッションを追い求めて、オシャレに投資した額は20000円以上。ファッション業界の常識を覆すコーディネートをいくつも発信してきた僕でも、やはり究極のファッションとなるとその明確な答えは見出せずにいた。

しかしつい先日、これこそが答えなのではないかというものに辿り着いた。究極のファッション。完全無欠のコーディネートに。

 

f:id:pinehouse_kishi:20170822184554j:plain

首には白無地の手拭いをシンプルに結び、トップスはよれよれの黒無地VネックT(ドライメッシュ)、ボトムスは履き古したジャージ。

 

これだけだ。たったこれだけなのだが、これこそがファッション業界を震撼せしめるレベルの究極のファッションなのではないか。自信満々に語りたい。

 

ポイントは、機能性とダサさだ。


首元に結んだ手拭いは、その結び目の先の絶妙な長さによって顔の汗や鼻水を丁度よく拭えるし、口から流れ出るよだれもカバーできる。VネックTとジャージは、黒の組織の刺客に突然追いかけられても逃げやすいし、戦闘になっても上段蹴りの使用はもちろん三角絞めの邪魔にもならない。いざとなればどこでも心地よく寝られそうな安心感も兼ね備えている。


これら抜群の機能性に加え、このダサさ。苦学生の部屋着を彷彿とさせるコーディネートは都会の中で一際目を引く。都会でおしゃれをするのは当たり前。むしろ服装に力を入れれば入れるほど、逆に都会へのコンプレックスを抱く地方出身者であることを自ら露呈しているようなものだ。それに比べこのコーディネートは、都会は俺の庭だと言わんばかりの精神的余裕を全面に押し出している。場に支配されない圧倒的カジュアル感は、都会ではおしゃれに気を遣わなければならないという不文律に一石を投じている。

 

どうだろう。


ファッションを超越したファッション。まさにアルティメット。ピーコのファッションチェックでは絶賛の嵐、レディガガもびっくりのファッションモンスターだ。

来年あたりレッドカーペットでハリウッド俳優の誰かが着ていること請け合いだろう。

 





 

服とか買いに行くのって究極にダルくないですか?

 

 

おわり

金スマ社交ダンス企画(7・21)に出演します!

本日7/21(金)19:56~22:00
TBS金スマ社交ダンス放送です!

 

私、ロペスことぱいんはうすの岸英明またもや出演させて頂いております。

 

今回は、

・来年度のWDSFシニアⅠ世界選手権代表選考会@大分
・イタリア合宿およびイタリアでの競技会(初海外戦)

の様子が放送されることと思います。

 

来る秋の世界選手権@マイアミに向けて、我々キンタロー。さん&ロペスカップル練習に励んでおります。


詳細な内容や競技会の結果は見てのお楽しみですが、トレーニングや練習の成果が視聴者の方々に少しでも伝われば幸いの極みです!!!

 

それにしても、本番のシニアⅠ世界選手権2017まで残すところあと2か月半!!
そこで良い結果を残せるよう頑張りますので、応援よろしくお願いします!!!

f:id:pinehouse_kishi:20170721011716j:plain

 

 

おわり

「あさくら画廊」潜入レポート

ある日、インターネットで何気なく東京のおもしろスポットを探していたら、東京別視点さん(東京別視点ガイド : なんでもない住宅街にある異様な一軒家!竹ノ塚の「あさくら画廊」は内も外もすべてピンクで埋め尽くされていた!)のページで「あさくら画廊」という画廊に関する記事を見つけた。

 

ごく普通の住宅地の中に異彩を放つピンク色の一軒家があり、そこが画廊になっているのだという。

 

写真や記事で見た限りでも、この画廊の異色度具合に恐怖すら覚えた。人は理解できないものに畏怖すると言うが、まさにその通り。

 

好奇心に駆られた僕は後輩を連れ、その週末あさくら画廊のある竹ノ塚へと向かった。

駅からは結構歩く。だいぶ遠い。20分くらい?

 

確かにあった。

f:id:pinehouse_kishi:20170702020451j:plain

 

入るのに勇気の要る雰囲気だ。人がここに本当にいるのか。怖い。

 

人のいる気配はない。

 

 

 

 

 

 

いや、いた。

f:id:pinehouse_kishi:20170702020543j:plain

あさくら画廊オーナーの辻修平さんだ。

独特の雰囲気を醸し出してはいるが、話しやすく穏やかな人で安心した。

 


注目ポイント①:全てが売りもの
この画廊内にある全てが売りものだという。値段のつけ方はかなり適当な感じだが、全て買おうと思えば買えるようだ。
しかし、どう考えても画廊内から搬出できそうもないものがたくさんある。その場合はその物の所有権を買い、商品自体はここに置いておくことになるみたいだ。ディズニーランドのアトラクションにスポンサーがついているようなイメージになるのだろうか。

f:id:pinehouse_kishi:20170702020716j:plain

 


注目ポイント②:手動のコーヒーカップで遊べる
大量の「ころす」という文字をあしらったコーヒーカップがあり試乗できる。しかも辻さんが直々に回してくれる。見たところ新手の拷問器具かと思ったが遊具のようだ。

f:id:pinehouse_kishi:20170702020953j:plain

 


注目ポイント③:一人1000円で似顔絵を描いてもらえる
辻さんに一人1000円で似顔絵を描いてもらえる。かなり格安でおすすめだ。さすが芸術家。

f:id:pinehouse_kishi:20170702021414j:plain

 


注目ポイント④:辻さんは意外とお茶目
辻さんは一見気難しそうではあるが、実は物凄くお茶目だ。非常に淡々とボケてきて、つっこむと笑ってくれる。そう。つっこみ待ちなのだ。

f:id:pinehouse_kishi:20170702021514j:plain

 


注目ポイント⑤:辻さんには霊感がある
この家に引っ越して来た当初、大量の女の人の幽霊が出たらしい。そういった怖い話を普通のテンションで語ってくれる。稲川淳二さんのようにあからさまに怖がらせてきたりはしない。それがまた怖い。


注目ポイント⑥:二階からの滑り台がある
あさくら画廊の二階から降りる滑り台があり、予想外に相当なスピードが出る。要注意だ。ちなみにこの滑り台、辻さん自体はめったに使わないらしい。

f:id:pinehouse_kishi:20170702021616j:plain

 


注目ポイント⑦:アトリエにブランコがある
二階のアトリエに行くと何故かブランコがある。それ以上でもそれ以下でもない。ただシンプルにブランコがある。念のため乗っておこう。

f:id:pinehouse_kishi:20170702021754j:plain

 


注目ポイント⑧:屋根上に休憩スペースがある
屋根上に登れるはしごがあり、そこにはテラスのような休憩スペースがある。ここでビールでも飲んだら最高だろう。しかし、辻さんはお酒を一滴も飲めないらしい。

f:id:pinehouse_kishi:20170702021843j:plain

 


注目ポイント⑨:二階から降りる縄梯子がある
もうこれに関しては絶対に降りない方がいい。こわいし、降りづらい。階段、滑り台、縄梯子。なぜ3つも一階に降りる手段があるのか。これが芸術なのだろうか。

f:id:pinehouse_kishi:20170702021934j:plain

 

 

注目ポイント⑩:トイレがもうなんかすごい
もうすごいっす。

f:id:pinehouse_kishi:20170702022031j:plain

 

 

注目ポイント⑪:風呂場が狂気に満ちている
もうやばいっす。

f:id:pinehouse_kishi:20170702022100j:plain

 

 

ここまで、「あさくら画廊」について色々とその見どころをお伝えしようとしてきたが、文字や写真などでは到底伝えられない。これは僕の力不足かもしれない。しかしあの魅力を伝えるには文字や写真では無理だ。画廊というよりもテーマパークなのだ。


もっとあさくら画廊を知りたいという方、辻修平さんを知りたいという方は下の動画を見てほしい。細かい中の様子や人柄などわかってもらえるはずだ。

www.youtube.com

 

www.youtube.com

 

ちなみに、あさくら画廊ホームページはこれ。

http://asakura11garo.web.fc2.com/

 


おわり